どんな電気を選ぶ? 電力自由化Q&A

2016年4月から「電力全面自由化」が始まって2年あまり経ちますが、みなさんのご家庭ではどうされましたか。それまでの電気は地域で決められていた大手の電力会社としか契約できませんでしたが、電力自由化によって、さまざまな電力会社の中から使用したい電力を自分たちで選ぶことができるようになりました。とはいえ、実際に切り替えたのはほんの少数で、まだまだ動きが鈍いといったところが現状です。そこで、あらためて電力自由化について、Q&A形式で解説していきます。 

  1. 新しい会社だと、停電が増えたり、電力の供給が不安定になるのでは?
  2. 発電所から電気を各家庭に届ける送配電システムは、システム全体の電力のバランスを調整し、停電を防ぎ、電気の安定供給を守る重要な要となるため、電力自由化後も大手電力会社が担当しています。

どの電力会社で発電した電気でも、送配電網に入ってしまうと、他の会社の電気と混ざりあって各家庭に届けられるので、物理的に電気が送られてくる仕組みは今までと全く同じです。

そのため、どの電力会社で電気を買っても特定の電力会社だけ停電が増える、ということは全くありません。自分の家が停電していれば、周りの家も同じように停電しますし、復旧に関しても契約会社によって差別されることはないので、同じ速度で停電が解消されます。

また万が一、契約会社が倒産したとしても、暫定措置として大手電力会社が引き継ぎますので、すぐに電気が止められることはありません。

 

  1. マンション・アパートでも契約できるの?
  2. 集合住宅でも自由に契約をすることができます。ただし、マンションやアパート全体で電力会社と一括で契約(一括受電契約)をしている場合は、残念ながら各家庭によって自由に電力会社を選ぶことはできません。

 

  1. そもそもなんで「電気を選ぶ」ことが大事なの?
  2. 今までは大手電力会社が独占していたため、競合が起きず、価格やサービスの効率化などが追求されてきませんでした。しかし電力自由化によって各電力会社が競い合うようになり、電気とガスなどのセット割引や、ポイントサービス、家庭の省エネ診断サービスなど、多様な新しいメニューが登場し、自分のライフスタイルに合ったプランが選べるようになりました。

また、料金の比較にばかりに目が行きがちですが、発電方法が選択可能になったことも重要なポイントです。太陽光・風力・水力・地熱などの再生可能エネルギーを中心とした電気や、地元で作られた電気を売りにしている会社もあります。これらの新電力を購入することは、消費者としてエコな電気の使用によって環境への負荷を低くし、また、その会社を支援することにも繋がります。

 

  1. 手続きが面倒じゃないの?
  2. 切り替え先の電力会社へインターネットから申し込みをするだけで簡単に切り替えができます。切り替え先の電力会社が解約手続きも行ってくれるので、今の電力会社に連絡をする必要はありません。今ある送配電網を使うので新たに電線を引くなんてことも勿論ありません。アナログ式のメーターが設置されているご家庭は、デジタル式のスマートメーターに切り替えないといけませんが、原則無料で交換してくれます。

※スマートメーター:通信機能を持ち、電気の使用量を遠隔で検針したり、30分ごとの使用量を計測したりできる新しい電気メーター

 

  1. たくさんの電力会社やプランがあって、どれを選んだらいいのか分からない。
  2. 条件や他社との比較もしやすい、インターネットを利用するのがおススメです。電力会社からの請求書を片手に、簡単な質問に応えるだけで、ピッタリなプランを比較できますし、お得なキャンペーンもしっかり教えてくれます。

「タイナビスイッチ」の電気料金シミュレーションhttps://www.tainavi-switch.com/sim/electricity/

 

月々の使用料金だけでなく、一部の電力会社の中には、契約期間を定めて期間満了前に解約すると違約金が発生したり、新規契約時に事務手数料を徴収する事もありますので、契約前によく確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です