冬の窓に起こる、イヤ〜な結露はこう防ぐ!

よく暖房が効いた部屋で、カーテン越しに窓ガラスを見ると、そこには水滴がびっしり。冷え込んだ朝には滴り落ちる水滴で窓の下はびしょびしょ。冬になると誰にでもこのような経験があるかと思います。

 

結露ってただ窓が濡れているだけ、と思っているなら、それは大間違いです。結露を放っておくとクロスが剥がれたり、シミができたり、建築木材が腐ったりと、家屋の寿命を縮めてしまうことにつながります。また結露は、カビやダニにとって最高な環境なので、知らないうちにどんどん繁殖していき、ぜんそくやアトピーなどの健康被害を引き起こす場合もあります。

 

普段私達の目には見えませんが、空気はたくさんの水蒸気を含んでいます。暖房などで暖められた室内の空気が外気で冷えた窓の近くに流れ込むと、空気中の水蒸気が冷やされて空気内に留まれなくなってしまい、水滴となって窓に付着します。寒い外から急に暖かい家の中に入ると眼鏡が曇ったり、グラスに氷水を入れてしばらく置いておくと机に水たまりができたり、結露はこれと同じ現象です。

 

嫌な結露を起こさないようにするには、温度を高めに、湿度を低めにしておくことが大きなポイントです。

 

窓を二重サッシにする

二重サッシ(二重窓)とは、既存の窓の内側にもう一枚、内窓を取り付けることで、窓を二重にしたもののことを言います。

二重サッシにすれば、外気の影響を受けにくくなるので結露を抑えることができます。気密性がアップし断熱効率が上がるので、暖房器具を使用する際、少ないエネルギーで快適な室温を保つことができ、省エネや節約、エコにつながります。また、窓の気密性がアップすると防音効果にもなりますので、外部の音が気になる方にもおすすめです。初期費用はある程度かかりますが、長い目で見るとお得な方法と言えるでしょう。

 

とは言っても、賃貸物件だと窓を取り替えるなんて難しい話ですし、もっとお手軽な方法で!という方には、以下の方法をオススメします。

 

換気をする

一番お手軽にできる方法は、水分量の多い空気を部屋の外に追い出し空気の入れ替えをすること、つまり換気をすることです。特に夜は外気が一気に冷えて結露が起こりやすくなるので、寝る前に換気をする事で室内の温度を下げ、結露を防ぐことはできます。しかし、寒い冬の夜に部屋の換気はあまりやりたくないですよね。そんな場合は、サーキュレーターや扇風機で空気を循環させれば、部屋の空気の温度が均一になり、結露は起こりにくくなります。起床後も、寝ている間にこもった湿気を外に逃がすために換気をするようにしましょう。

 

外と部屋の温度差を少なくする

極端な話、部屋の温度と外の温度が同じであれば結露することはありません。

室温は18〜22度くらいが適温といわれていますので、暖房などを使われる際は部屋の温度をあまり上げすぎないようにするとよいでしょう。

二重サッシは無理でも、厚手のカーテンをかけたり、カーテンを二重にしたりしてなるべく室内の空気が触れないようして、窓ガラスと部屋の空気の温度の差を少なくするようにするのも効果的です。

 

窓ガラスの温度が下がるのを防ぐ

窓に貼りつけるタイプの断熱シートがホームセンターなどで売っていますので、それを貼ると良いでしょう。気泡緩衝材(プチプチ)を貼ると窓とプチプチの間に空気の層ができて結露しにくくなります。窓枠やサッシの金属部分は熱を通しやすいので、断熱のためにフェルトに両面テープを貼って張り付けるのも効果的です。

他にも、窓の近くに観葉植物や水槽・花瓶などを置かない、燃焼時にたくさんの水分を放出する石油ストーブやガスストーブなどの開放型の暖房器具は使わない等の対策があります。

 

これまでご紹介した方法でかなり結露が防げるようになります。それでも結露した場合は、面倒でもなるべく早く拭き取りましょう。結露した水分をそのままにしておくとまたその水分が蒸発して部屋に水分がたまることになります。古い新聞紙で結露を吸い取ってそのまま窓を拭けば、インクの油で窓がピカピカになって一石二鳥ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です