理想のソファに出会うための、4つのポイント

お部屋の主役となるソファは、理想の暮らしを叶える重要な要素の一つです。でも、どうやって自分にぴったりなソファを選べばいいのでしょう?今回はソファを選ぶ際に大切な4つのポイントをご紹介します。

 

1.サイズで選ぶ

 ソファはイメージしているよりも意外と大きな家具です。お部屋に合ったサイズを知るために、まずはソファを置きたいお部屋の大きさを計ることから始めましょう。

 ソファに座ってくつろぐ場合、テーブルとソファの間隔は30cm以上あればよいでしょう。ソファを背もたれにして床に座ることが多い場合は、45cm以上の距離が必要となります。ソファやテーブルの大きさに加えて、人が通ったり座ったりするためのスペースはもちろん、コンセントの位置や、引き出しやドアの開閉スペースも確保する必要があります。普段の生活動線を考えながら、家具や壁からのスペースを十分に取るようにしましょう。

 

2.ライフスタイルに合わせて選ぶ

 誰が、いつ、どのような姿勢・体勢・シチュエーションでソファを使うかをイメージしてみてください。普段の使い方によってどのタイプが適しているかが分かります。

 リビングで家族団欒に使うのなら、全員が座ってリラックスできるものがよいでしょう。のんびりテレビを見たり本を読みたいのなら、寝転んだり、脚を伸ばせるようなソファも便利です。来客が多いのならば、座り心地がしっかりとしたシンプルなデザインがおすすめです。また、ソファを背もたれにして床に座ることが多い場合は、シートの低いものを選びましょう。他の家具も背の低いものでコーディネートすると、部屋がより広く感じられます。

 

3.座り心地で選ぶ

 ばねやクッションなど、ソファの内部構造や使用されている素材などによって、座面や背の硬さ、座り心地も大きく違ってきます。もし可能ならば、同じソファに30分ほど座ってみると良いのですが、なかなか難しい話でしょう。ふんわりと柔らかい座り心地が好きなのか、体が沈み込むような座り心地が欲しいのか、しっかりした姿勢を保って座りたいのか。お好みの硬さとソファでの過ごし方にあったものを考慮して選ぶことが重要です。

 

4.生地・色を選ぶ

 ソファに使われている生地は大きく分けると、「本革」「合成皮革」「布」の3つになります。耐久性がありホコリや汚れに強いので、長く使いたい場合は本革を。取り外して洗える布地タイプだと手軽に洗濯できるのがポイントです。

 また、ソファをお部屋のアクセントにするのか、あるいは、お部屋の家具と似た色で統一感を出すのか。生地・色によって大きく印象が異なりますので、お部屋に合わせてイメージを膨らませてください。

 

 最後に

 購入前にぜひ確認しておきたいのが、搬入経路です。エレベーターに入るサイズか、玄関から搬入できるか、廊下の幅はソファが通れる幅か、階段の踊り場で回転することができるか…せっかく購入したソファが部屋に入らない、なんて事態は避けたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です