「高断熱高気密住宅」ってどんな家?

 「高断熱高気密住宅」という言葉を最近ではよく聞くようになりました。住まう人の健康や省エネルギーにおいて多くの利点があるという高気密高断熱の家。2020年にはすべての新築住宅を対象に省エネルギー化が義務となる予定です。そもそも高断熱高気密住宅とはどんなもので、どんな特徴があるのでしょう?

 

 高断熱高気密住宅とは、壁・床・天井などに断熱材を使って高い断熱性・気密性を実現した住まいのことです。「断熱」とは、断熱材を壁などに充填、または外側から覆って家の中と外の環境を分け、熱が伝わるのを少なくすることです。一方の「気密」は、家の隙間をできるだけ無くし、空気を室内から室外に漏らさず、逆に室外から室内に入れないことです。家を高断熱高気密にすると、夏は外の暑さを遮って、室内はエアコンの冷気を外部に出さないことで涼しい空気が循環し、冬になると寒さを遮りながら、家の中の熱を外に逃がさないことで室内は温かい空気が循環するので、夏涼しく冬暖かいという快適な室内環境が実現します。部屋と廊下、トイレ、浴室などの温度差を感じないため、温度差による体への負担、ヒートショックも軽減されます。

 

 高断熱高気密住宅によって一年を通して快適な住宅を実現するためには、壁や天井、窓、床などの部材の間に生じるすき間を少なくすることで気密性能を高めた上で、すべての断熱効果を高めることが大切です。特に重要なのは、窓の断熱です。戸建住宅では、窓などの開口部からの熱の移動が約半数を占めています。窓の断熱性が低いと、冬場には窓の面で冷やされた空気が対流によって下降し、冷気が床付近に潜り込んでくる「コールドドラフト」という現象が起こります。単板ガラスに比べ、複層ガラス、Low-E複層ガラス、真空ガラスなどを使用することにより窓の断熱性能は高くなります。

 ただ、高断熱高気密住宅は、すき間を最小限におさえているために、新鮮な空気をとり入れるために計画的な換気が必要となります。シックハウス対策や温度と湿気の攪拌・結露対策など、快適な温熱環境と新鮮な空気のために、24時間換気システムの設置が義務づけられています。

 

 断熱・気密の補強改修は簡単に施すことができないため、新築の場合は設計段階で充分な計画が大切です。もちろん、今現在住んでいる家であっても、リフォームをするタイミングがあるのなら、その時が高断熱高気密住宅に生まれ変わる絶好のチャンスです。外壁の張り替えやバリアフリー工事、トイレ・浴室・キッチンなど水回りの改修、耐震補強など、何らかのリフォームのためにはがした床や壁、天井に断熱材を追加します。家全体の大規模な断熱改修は無理でも、「他のリフォームついで」に家を部分的に断熱改修するだけで、住まいの快適性をアップすることができます。「お金がかかるから、断熱化は今後改めて」ではなく、「ついでに断熱化」したほうが一度の工事で済むので、その分施工費をぐっと抑えることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です