今年こそ、片付け上手なリビングを!

 年末の大掃除のおかげですっきりと片付いたリビングも、なぜか数日もすればモノがあふれ、いつもの乱雑なスペースに後戻り…なんて事はありませんか。リビングは家族のくつろぎの場所であると共に、子供の遊び場や勉強スペース、時には仕事場や作業場になったり、お客様を迎えるおもてなしの場になったりします。いろんな人がいろんな理由で使うスペースなので、部屋の役割や使用目的が明確にしにくく、よってモノが散らかって、リビングは片付かないのです。そんなリビングを綺麗に片付けられるコツをご紹介します。

 

 カゴに入れる

 家族が集う場所なので、みんながついついモノを持ち込み、出しっ放しにしているのでリビングが散らかり放題に。そこでまず、テレビやDVDレコーダーのリモコンなど、一式で出し入れすることが多いモノは簡単に出し入れできるカゴに入れてまとめましょう。カゴの中はあえて整理せずに、とりあえずモノをひとまとめにすることが重要です。また、使う人が決まっているモノや届いた郵便物などは、カゴやカラーボックスなどで家族それぞれのスペースを作り、全てそこに入れるようにします。カゴに入れておけば、散らばる心配もありません。

 

 定位置を決める

 リビングは生活動線の中心に位置するため、本来そこにあるべきでないモノまで「とりあえず」置いてしまいます。「とりあえず」置いてしまうのは、そのモノの置く場所が決まっていないからです。リビングでの使用頻度が高いものはリビングに定位置を作ってあげましょう。散らかっていても、モノの定位置を決めていると割と片付けやすくなります。できるだけ少ない動作で片付くような場所に決めることがコツです。

 

 定位置に戻す

 モノの定位置が決まれば、使った後はすぐに「定位置に戻す」という作業を徹底しましょう。テーブルの上にはリモコンのカゴ以外は置かないなどのルールの徹底も。テーブルの上の出しっぱなしがなくなるだけでも、かなりスッキリした印象になるはずです。

 

 モノを減らしてみる

 便利そうだからといって棚や収納家具を買い足すのは危険な行動です。収納が増える=モノが増えやすい、という環境を作ってしまう場合もあるからです。実は、たくさんのモノをきれいに収納するというのは、高度なスキルが必要です。収納の特性や効能をちゃんと勉強しない限り、せっかくの大型の収納が単なる物置になってしまう事も。まずは、今ある収納家具を最大限に利用して、どうしても足りない場合にだけ買い足すようにしましょう。使用頻度の低いモノの処分を考えるなどして、今ある家具で収納できるようにモノを減らすのが、なにより1番の片付け方法でもあります。

 

 写真に残す

 片付けをやった前と後の写真を撮っておくと、自分がどれだけ頑張ったか目で見えるようになり、モチベーションが上がります。きれいに片付いた状態を撮っておくと、モノが増えた時の片付けの参考になりより効果的です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です