綺麗なフローリングで新年を迎えましょう

今年も残りあと少しです。新しい年を気持ちよく迎えるためには、年末の大掃除は欠かせません。そこで今回は、フローリングをしっかり綺麗にする手順をご紹介します。

掃除機は乾拭きのあとで

フローリングの掃除をする時、まず始めに掃除機を使いたくなりますが、掃除機を先にかけてしまうとゴミやホコリが舞い上がってしまいます。空中に舞ったホコリは2〜3時間程度で落ちてくるので、掃除が終わった頃にまたホコリが床に残ってしまうことに。また、最初にウエットシートを使ってしまうと、ホコリやゴミを塗り込んでしまい、乾いた後に再びホコリが出てきてしまいます。ですから、まず1番にドライシートで乾拭きをして大きなホコリやゴミを絡めとってください。
それから掃除機で、乾拭きの時に取りきれなかったフローリングの溝や角を重点的に掃除します。フローリングの溝に沿って掃除機をかけるとゴミがよくとれます。溝の中につまってしまったホコリは掃除機では取れませんので、スキマ用ブラシを使ってみましょう。

拭き掃除は1度で済ます

掃除機をかけたら水拭きです。水2リットルに対して、中性洗剤は小さじ1杯ほど入れれば十分です。水で薄めずに直接液体洗剤をかけてしまうと、刺激が強すぎてフローリングが傷んでしまいますので、かならず洗剤は水で薄めて使用しましょう。

フローリングのベタつきや黒ずみの原因は足裏の皮脂なのですが、皮脂汚れに強いとされる重曹やセスキ炭酸ソーダを使ってしまうとワックスやコート剤が剥がれてしまう場合がありますので、注意が必要です。

基本的に部屋の奥から入り口に向かって、拭いた所を踏まないように後退しながら拭き進めます。フローリングは水に弱いので、水をたっぷり含んだモップなんかで掃除をすると床が傷んでしまいます。最初に水拭きで汚れを浮き上がらせたら、あまり時間を置きすぎないようにして乾拭きをするようにしてください。

けれども、2度拭きは体力もいるし結構面倒ですよね。そこで以下の手順で拭き掃除行えば、今まで2度同じ動作を繰り返していた事が1度で終了します。

〈拭き掃除の手順〉

  1. 右手に乾いた雑巾・左手に固く絞った濡れ雑巾を持つ。
  2. 部屋の右隅に行き、しゃがんだら、拭き掃除スタート!
  3. 両手を上下にジグザグと動かし、左に進めながら水拭き・乾拭きを同時に行う。
  4. そのまま左の壁の所まで拭き進んだら、拭いたスペース分だけ後ろに下がる。
  5. 雑巾を裏返し、左右を入れ替える。(右手に濡れ雑巾・左手に乾いた雑巾)
  6. 今度は左から右へ拭き進める。
  7. 出口までこれを繰り返したら終了!

 

フローリングの材質が「合板」の場合、仕上げにワックスをかけるとより効果的です。

湿気が床の材質に残っていると、カビたり雑菌が繁殖したりしてしまいます。そうならないよう、床掃除で綺麗にした後は、換気して乾燥させるのも忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です