住まいの決め手は、玄関にあり。

限られた空間での家づくりで、なんとなく後回しになるのが「玄関」です。リビングを主流にスペースを割いてしまい、つい玄関は、靴を脱ぐだけだから少しぐらい狭くなっても…なんて考えがち。

どんなに素敵な外観でも、玄関を開けると大量の靴が散乱、子どもの遊具が出しっ放しで、ベビーカーをたたむのにも一苦労。そんな雑然とした玄関では家族もお客様も気分が下がってしまいます。

そこで、使い勝手が良くて快適な玄関にするためのポイントをご紹介します。

収納スペースは大きめに

家族が増えたり、子どもの成長に伴い、靴の数はどんどん増えていきます。クローゼットに入りきらない靴は出しっ放しになってしまう危険性があるので、シューズクローゼットはあらかじめ大きめに造っておくのがポイントです。もし可能ならば、靴のまま出入りができるウォークインクローゼットを造りましょう。コートや帽子、お出掛けに必要なものはもちろん、多趣味な家族のかさばるゴルフセットやアウトドア用品もここへ。あまり目に触れさせたくないゴミの仮置き場としても使えます。

来客用と家族専用で分ける

シューズクローゼットをウォークスルー(通り抜け)にしてそのまま廊下や室内に入れるような設計にし、来客用と家族用の玄関を2つに分ける方法があります。動線を2つにすれば、家族用玄関が多少散らかっていても、来客用の玄関は常にスッキリとした状態なので、急なお客様にも慌てずにすみます。

しかし、実際に来客用玄関を造ってみたけれど、全然使われないというケースも。これではただのデッドスペースです。来客の頻度など、家族の生活スタイルを考えて導入を!

土間スペースで趣味を楽しむ

もし玄関周りを広くとれるのであれば、土間スペースを作るのもおすすめです。

趣味の自転車をいじったり、アウトドアグッズの手入れをしたり、DIYやクラフトの作業場にしたり、雨の日には子どもの遊び場になったりと、土間スペースがあれば暮らしに広がりをもたらしてくれます。

ベンチを置けばちょっとした来客時にも対応することができますし、ペットがいる場合にはケージを置くなど何かと便利な場所です。また、雨や雪など水に濡れても乾きが早いとう効果もあります。

夏の土間は涼しくて気持ちがいいのですが、冬は居室と比較するとかなり寒いので、寒さ対策には十分な注意が必要です。多少費用はかかりますが、広い玄関土間をつくるなら床暖房を採用するなどすれば、冬でも快適な空間にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です